税理士さん

税理士はお金のエキスパートとも言える存在で税金の申告や確定申告などの相談やサポートが主な仕事です。
特に高齢者が多い近年多いのは相続の問題です。
現在、遺産や財産の相続税は50%近くなっているので、遺産の半分以上を相続税として収めなければいけない状況です。
多くの人はこの時のための税金対策としてできる限り遺産の相続を全額行えるように多くの工夫をします。
しかし、工夫する段階で脱税にあたるような行動があると追加徴税なども課されるので税理士に相談して問題を解決するとトータルコストは非常に安くすみます。
特に、相談だけであれば無料でできる場合も多いので、税理士にしかわからないような特別な方法で相続を進めることも可能となります。
また不安があるようなら税理士の仕事として依頼をすれば責任を税理士が負ってくれるようになるので、多くの負担を減らすこともできます。

脱税のような犯罪をせずに済むので特にメリットが大きいです。金の問題にあまり詳しくない場合には特にこうした税理士の存在を活用して、まずは相談をすることが大切です。
相談窓口の多くは税務署や各税理士事務所にあるので、まずは問い合わせが必要です。
ブログやホームページなどでメールで質問をすることもできるので情報を早く欲しい場合には直接コンタクトをとるとよいでしょう。
税金を取り巻く環境が厳しく変化している今、しっかりと税金のプロに仕事の依頼をすればそれだけ問題をスムーズに解決できます。

仕事する税理士

税理士の仕事というのは、税務署の職員の仕事を手助けすることが第一ですから、資格制度化した当初は税務署を退職した人が主体でした。
そのために、税理士でなければできない業務は、税務代理業務で税務署に税金の申告を企業に代わって代行するもの、二つ目に税務相談といって相続税対策や、不動産などの贈与や売却するさいの税額計算の節税指導です。
そうして、三つ目が税務書類の作成なのです。

しかし、この3つで税理士の仕事が終わるものではありません。企業には法人税が課税されるので、その企業の利益をもとに、法人税の計算しなければなりません。
ところが、この利益計算をするためには、当然、会社の日々の取引、取引の処理、簿記の仕分けや毎月の試算表を作成したり、決算書を作成することになります。
これらは財務諸表や会計帳簿の記帳指導も行うことになるのです。
このような業務を行うということは、おのずと企業の経営内容をすべて把握することになります。
経営者からは信頼を受け、会社の方向性や税金の相談を受けるようになります。
税理士と企業の関係は、基本的には顧問契約を結び、毎月企業を訪問し利益状況を経営者と話し合うことになりますから、当然そこに経営相談的な内容が含まれてくるのは必然のこととなります。

赤いネクタイの税理士

経営者からは信頼を受け、会社の方向性や税金の相談を受けるようになります。
税理士と企業の関係は、基本的には顧問契約を結び、毎月企業を訪問し利益状況を経営者と話し合うことになりますから、当然そこに経営相談的な内容が含まれてくるのは必然のこととなります。

また、経営者とは長い個人的な付き合いにもなります。家庭の問題にも相談に乗ることとなり、財産の相続問題もうけることとなります。
相続に関する家族比率の問題や、相続の節税対策なども相談されるようになるのです。

オススメリンク

初めてのことでなかなかわからない。相続のことなら大阪のこちらがオススメです。大切な人のためにもこちらでしっかり相談して準備を進めませんか?
大阪で有名な税理士に依頼をするなら~小野山公認会計士~
東京で相続のことならお客様の立場に立って問題を解決してくれるこちらで|安藤税理士事務所

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930